豊中市夕日丘の空手道場 天志道場 少年部

大阪・豊中市夕日丘の空手道場・天志道場の少年部稽古風景や師範の武道を通じての教育への想いを綴ります  天志道場公式HP http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合を通じての成長

[空手] ブログ村キーワード

先日、スポーツ指導者の勉強会仲間である
中学野球部監督のチームが春の県大会優勝校チームを破り
市大会の2連覇を達成されました。

この先生が正式に顧問に就任したのは約2年前。
しかも、野球経験がなかったそうです。
試合では、選手たちの自主性を育て、自立した人間をつくりたい!
という思いから、サインを出さずに自分たちで状況を判断して
プレイをする「ノーサインベースボール」で臨み
着実に成果を上げて来られました。

共に学んでいる先生のご活躍は、本当に嬉しいものであり
やはり、選手の意思や精神を育て、自立した人間にすること、
指導者自身が常に学び、成長することで
自ずと結果もついてくるのだということを改めて感じました。

当道場でも、試合前に多少戦略的なアドバイスはしますが
試合中は、本人が自分で考えて組手をさせるようにしています。

その中で、負けてしまえば次はどのようにすれば勝てるのか
どういう部分を磨いていけばよいのか、反省をして
次からの稽古に繋ぎ、次回はより良い組手ができるようにする。
そうした思考・行動の積み重ねが子どもたちの自主性を育て
それが空手以外の場でも活かせるようにしてもらいたいと思います。

先日の試合でも、6年生のユウタロウが準決勝で
2回りほど体格差のある相手に真っ向から打ち合いに臨んでいきました。
通常は、足を使い、回り込んで攻めていくのが定石なので
こちらも「エッ!何で!?」と思ったのですが、
何と途中までは、いつもの組手では見られなかった
怒涛の突きのラッシュで、大柄な相手を場外にまで追いやるほどの
闘志溢れる組手を見せました。

結果として延長で、相手の下段回し蹴りで体勢を崩され
判定で敗れたのですが、こちらの予想を大きく超えた
ユウタロウの試合に、これからまだまだ伸びていく
伸びシロの大きさを感じました。

翌日、本人になぜあんな闘い方をしたのか聞くと
「足を使っても相手が距離を詰めて打ちにくかったので
思い切って突きで攻めたら下がっていったので
この戦法の方が良いと思いました」と堂々と話すのを見て
入門当初は、なかなか練習に入ってこれなかったり、
技を効かされてよく泣いていた彼がここまで逞しくなり
試合の中で自身をどんどん進化させていくほどに
成長したものだと感動しましたね。

子どもたちの持つ可能性は無限大
僕自身の枠にはめようとすれば、その枠以上には育ちません。
枠のない子どもは、こちらの予想を超えた
突拍子もない思考、言動をやってきます(^_^;)
その"予想外"が空手の中で活かされれば
僕の器など、簡単に超えて行っちゃうでしょう。

先の仲間の先生が取り組んできた
「ノーサインベースボール」
それと同じ様に、空手の稽古や試合の中で実践してきた子たちが
着実に成長してきました。
これからがますます楽しみですね!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

春の入会キャンペーン実施中
入会金無料!! (5/31まで)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
空手道 天志道場公式ホームページ
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tenshidojo.blog74.fc2.com/tb.php/2480-6bf8d9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。