豊中市夕日丘の空手道場 天志道場 少年部

大阪・豊中市夕日丘の空手道場・天志道場の少年部稽古風景や師範の武道を通じての教育への想いを綴ります  天志道場公式HP http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちの違いで

[空手] ブログ村キーワード

run1.jpg run2.jpg

昨日は昼間、チラホラと雪が降るほどの寒さで
この時期の体育館での稽古は、寒がりの僕にとって
毎回が寒稽古のような厳しさです(笑)

この日は身体を温めるために10分間走をしようといいました
子どもたちは一瞬、「ええ~っ!?」と嫌そうな表情

そこで、子供たちに
「『しんどいな~』『嫌やなあ~』と、
しんどいこと、嫌なことに集中しながら走ると余計にしんどくなるよ
同じ10分を走るなら、楽に走る、楽しく走るコツを教えてあげよう」
と言って楽に走る3つの方法をアドバイスしました

①「タッタッタッタッ」と自分が走る音・リズムに集中する

②自分の好きな歌を歌いながら走る(頭の中でも声に出してもOK)

③自分の少し前を走っている人の背中の1点にピンとを合わせて走る

このどれかの方法で10分間走ってもらった後
子どもたちに「どうだった?」と聞くと
「ぜんぜん疲れなかった」「楽に走れた」
と言う声が多く上がっていました

空手の稽古やトレーニングでも同じで
気持ちの持ち方ひとつで、疲れの度合いが違ったり
打たれた時の痛みの強さも違ってきたりするもの
それをこの10分間走の体験を通じて
子どもたちも理解してくれればと思います

また、集中するピントを明確にしてあげたり
強いハートで臨めるために、励ましたりエネルギーをかけてあげる
僕自身、指導者としてそうした導きも必要だなと思いました


スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tenshidojo.blog74.fc2.com/tb.php/1669-ba0203f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。