豊中市夕日丘の空手道場 天志道場 少年部

大阪・豊中市夕日丘の空手道場・天志道場の少年部稽古風景や師範の武道を通じての教育への想いを綴ります  天志道場公式HP http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備

[空手] ブログ村キーワード

『何事をするにも、その前に準備を整えよ

心の準備 身体の準備 イメージの準備 道具の準備

時間の準備 人間として真の健康は

人生を豊かに生きる最高の準備である』

(ヒューマンプロデューサー・長谷川一彌語録集より)



実力を発揮し、能力を高めるためにも「準備」は大事ですね。

道場でも事に臨む前に、集中力トレーニングをしたり

不動立ちでキチンと立つ、大きな気合いを出すなど

常に"準備"をしっかりと、キチンとするようにしています。

DSCN7130_201503120133403d3.jpg DSCN7132.jpg

何事も、何となくの流れでやったり、気持ちが散漫な状態ではなく

まず準備を整えることを心がけてい行きましょう!


※天志道場一般部のブログはこちら

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新規入会キャンペーン実施中
入会金無料!! (5月末まで)

※お問い合わせ先 TEL 06-7162-2988(代表・竹中)

空手道 天志道場公式ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

ブログランキングに登録しています。
空手道を通じて交流の輪を広げるための応援クリックをお願いします!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング


日本ブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ

スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

セルフイメージ

[空手] ブログ村キーワード

DSCN5640.jpg DSCN5642_20150201161317642.jpg

道場での組手はフルコンタクトルールで行っているので
突き蹴りが当たった痛みで泣いてしまう子もいます。

この時

「何泣いてんねん!お前はホンマ泣き虫やなあ!!」

と泣く事を咎めるのか、または泣きながらでも組手をやり終えた後に

「泣いても最後まで組手をやったな。お前は強い子だ!!」

と頑張りを讃えるのか

こうした言葉がけ1つで、子どもたちが持つ
セルフイメージに大きな違いが出てきます。

よく親御さんでも
「うちの子は、ホント気が弱くて」とか
「どんくさくて」「ヘタレで」などの言葉を
わが子の前でも言うのを見ることがありますが、
それをずっと聞き続けていれば

「自分は弱い子だ、どんくさいんだ」

というセルフイメージが出てくるのも当然ですね。

マイナスのセルフイメージを持っていれば
当然思考や行動、言葉もマイナスになってきます。
道場でも子どもたちの口から「無理や!!」「どうせ負けるわ!」
などの言葉を聞くことがしばしばあります。

逆にプラスのセルフイメージを持っていれば
自分を信じること、あきらめない気持ち、
チャレンジ精神などが育まれていきます。

強い心を育てるのなら
我々大人が

「君ならできる!!」

「お前は強い子だ!!」

「最後まであきらめずに闘い抜いた。えらいぞ!!」

と、常に子どもたちを励まし、
勇気づける言葉をかけ続けてあげたいものですね!!

※天志道場一般部のブログはこちら

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新規入会キャンペーン実施中
入会金無料!! (5月末まで)

※お問い合わせ先 TEL 06-7162-2988(代表・竹中)

空手道 天志道場公式ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm

ブログランキングに登録しています。
空手道を通じて交流の輪を広げるための応援クリックをお願いします!

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング


日本ブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ



テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

まず集中!!

[空手] ブログ村キーワード

稽古の前にいつも行っている集中力トレーニング
テニスボール積みの風景

DSCN5571_2015013011231343c.jpg

また、稽古の合間にも一点をジッと凝視する集中法を行い、
まず心を整え、今に気持ちを向ける状態を作ってから
事に臨むようにしています。

能力の差について、肉体では先日の日記で書いた
「身体のつながり」とともに、メンタルにおいては
「集中力」があるかないかが関わってきます。

技術レベルが高く、精神的に崩れにくい子は
やはり集中力が高く、テニスボールでも3個積める子もいます。

DSCN5576_201501301123155a3.jpg

少年部の指導をやり始めたころは
こう言うことを知らず、稽古は毎回締まりのないもので
ある方からは「まるで動物園状態だね」と言われたこともあります(^_^;)

それから集中することを稽古の中で取り入れるようになってから
道場の雰囲気も引き締まり、それとともに競技レベルも高まって
試合で活躍する子も出てきました。

DSCN5574.jpg

そうした経験から、集中力の大切さを学んだのですが
昔から行ってきた靴を揃える、キチンとあいさつをする
「いただきます」と手を合わせてからご飯を食べる
などの行為も集中するということに繋がっているんですね。

何事もキチンとする=心を込める=集中する

1に集中、2に集中

自分が持っている素晴らしい無限の可能性を発揮するために
稽古でも、日常でも、まずはしっかり集中していきましょう!!


※天志道場一般部のブログはこちら

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新規入会キャンペーン実施中
入会金無料!! (5月末まで)

※お問い合わせ先 TEL 06-7162-2988(代表・竹中)

空手道 天志道場公式ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/tenshi.htm


ブログランキングに登録しています。
空手道を通じて交流の輪を広げるための応援クリックをお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング


日本ブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ


テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

教え過ぎることの弊害

当道場の指導においては、稽古を通じて人間の本質的能力である

集中力・直感力・想念力・創造力

を目覚め、より向上させ、空手家としてだけでなく

1人の人間としての成長を目的としています


そこで日々の稽古で心がけていることは

『教えない指導者』

であるということです


技の練習においても、ある程度のポイントやコツはアドバイスしますが

後は「しっかり見て、イメージを湧かせる」だけです


組手においても、常に「人と同じことをするな」と言い

呼吸法などで身体を整え、集中力を高めて、臨ませる

そしてその時感じたままに動くことを大切にしています


試合でも、色々と言いたいのをグッと押さえ
(たまに熱くなり過ぎて言ってしまう事もありますが(笑))

「思い切って行って来い!」と背中を押してやる

そして終わった後に、どう感じたか、次はどうするかを聞き

『やった後に閃いたこと』

を大切にして次の稽古で実践し、次回に繋げていく


目先の勝利や上達を目指すのなら

色々と教え、アドバイスをしてその通りにやればすぐ結果にも繋がるでしょう

しかし、それでは脳の思考回路が受け身になってしまい

自ら考え、発想を湧かせ、新たな概念を生み出すという

冒頭に挙げた本質的能力が目覚めることができません


知人のプロ野球関係者に話を聞いたことがありますが

選手を潰してしまうコーチは「教え過ぎるコーチ」であり

鳴り物入りで入団しても芽が出ずに終わってしまう選手は

「コーチの言われたままにやる選手」だそうです


空手だけでなく、スポーツやビジネスの世界においても

本当のトップは、この本質的能力を大きく発揮しています

逆に言えば、本質的能力が目覚めることで

1人の人間としても大きな成長が可能であるということです


何を目指すかによって指導方法も変わってくると思いますが

当道場では、この人間の本質的能力の開発によって

人としての成長を果たし、社会に役立つ『人財』になってもらいたい

そんな想いを持って、日々より良い指導に努めています


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【道場研修生募集】

詳しくは当道場のホームページをご覧ください
↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/kenshu.htm


ブログランキングに登録しています。
空手道を通じて交流の輪を広げるための応援クリックをお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング


日本ブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ


テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

上達へのベースづくり

上達を目指す、強くなるためには

『とにかく数多く稽古をすることだ』

『ハードに追い込むことだ』

と思ってはいませんか?


仕事柄、スポーツの現場にも多く出向くことがあるのですが

空手に限らず、様々なスポーツの世界でも

上記のような『足し算』の練習が主となっているようです


しかし、そうした練習を続けている結果

精神的ストレスが溜まったり、身体を壊したりするケースも

多く存在しているのが現状です


付け足し、付け足しの練習もいいのですが

その前に、その人が今持っている力を全部発揮させているか

発揮できるような稽古をしているかが

指導をするに当たって大切なことであるというのが私の考えです


私が学んでいる『長谷川式メンタルトレーニング法』の中で

実力を発揮するためのポイントをわかりやすく解説している公式があります


実力=顕在能力/身体の抵抗×心の抵抗


顕在能力とは、現在持っている技術や体力

身体の抵抗とは疲労・ケガ・病気

心の抵抗とは心配・不安・腹立ちなどの雑念の事です


顕在能力が100とすると心身の抵抗値が高いほど

発揮できる実力の数値が低くなるのが、この公式からも

おわかりになると思います


身体の抵抗を限りなく少なくするためには

コンディショニングや正しい姿勢、体の運用

筋肉を自在にコントロールするための錬体法を身につけていく


心の抵抗を少なくするために集中力を養ったり

物事への捉え方・考え方を変えて人格を高めていく


そうしたベースをしっかりとつくった上で

技術・体力を練習していくことにより

実力を発揮し、更に能力を高めていくことが可能になるのです



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【道場研修生募集】

詳しくは当道場のホームページをご覧ください
↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/kenshu.htm


ブログランキングに登録しています。
空手道を通じて交流の輪を広げるための応援クリックをお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


日本ブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

心と脳の関係

P3310003.jpg


「病は気から」

という言葉があるように

思い方・気持ちが肉体機能に影響を与えることは

医学的にも証明されいます

人間は、心のあり方次第で生理状態が大きく変化します

P3310007.jpg


以下にその関係を示します


家族や指導者からのプラスの刺激(褒める、励ます、楽しい話)

プラスの思い・感情(嬉しい、楽しい、安心)

やる気・元気の増進

生理状態が活性化(ドーパミンホルモン優勢)

記憶・学習・理解力の向上




家族や指導者からのマイナスの刺激(怒る、叩く、不安にさせる)

マイナスの思い・感情(心配、不安、腹立ち、苦しみ)

やる気・元気の減衰、気力低下

生理状態が不活性化(アドレナリンホルモン優勢)

記憶・学習・理解力の低下



こうした人間の身体の働きを見れば

どのようにすれば、また、どのような心の状態になれば

能力がより早く向上するかがわかりますね


能力を高めたければ、まずは生活環境をプラスにすることを心がけましょう

P3310008.jpg



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【道場研修生募集】

詳しくは当道場のホームページをご覧ください
↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/kenshu.htm


ブログランキングに登録しています。
空手道を通じて交流の輪を広げるための応援クリックをお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


日本ブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ


テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

上手・下手の分かれ目は

稽古に来る人はみな

「早く上達したい!」

という思いを持って頑張っていることと思います


ただ、同じように稽古をしていても、スムーズに上達する人もいれば

中々上達しない人も、確かにいますね


少年部の保護者の方なら

「同じ時期に入った○○君に比べてうちの子は・・・」

「私が運動が苦手だから、遺伝なのかしら」

などと考えている方もおられるかもしれません


しかし、これは遺伝的なものとかではなく

脳の使い方に問題があるんです


脳に正しいプログラムを持っているか

それとも誤ったプログラムを持っているか


これが上手・下手の分かれ目になるのです


誤ったプログラムとは、いつも何かを意識しながら身体を動かす、ということです

・相手がこう来たら、こうする

・うまく技を出そう

・このようなフォームで突こう

などと、本来理想的なのは、「無我の境地」「無念無想」などと言われるように

無意識状態で動くことなのですが、上記のようにあれこれ考えてしまったり

勝ちを意識したり、プレッシャーを感じたり、ミスを気にしたり腹を立てたりなど

また

・否定的な考え、感情

・ストレス、プレッシャー

・不安、恐怖

・怒り、憎しみの感情

これらの様々な「雑念」の湧いた意識下状態で身体を動かすことは

身体を硬くしたり反射、反応を鈍らせてしまいます


日々の稽古で

「集中が大事」

と耳にタコができるくらいに(笑)言っているのは

こうした理由があるんですね

雑念がよく湧く人、集中が散漫な子は

上達が妨げられやすいのです


また、僕自身も指導する時には

ポイントやコツのみをアドバイスし

あまりあれこれ言い過ぎないことを心がけています


上記の誤ったプログラミングは

指導者や親からの過干渉からも

生み出されることを知っておきましょう



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【道場研修生募集】

詳しくは当道場のホームページをご覧ください
↓↓↓↓↓↓
http://www.s-hearts1.com/kenshu.htm


ブログランキングに登録しています。
空手道を通じて交流の輪を広げるための応援クリックをお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


日本ブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。